スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑さの中に秋がそっと近づく

8月22日午後3時頃、「ツクツクボウシ」の初鳴きを観測しました。
まだまだ、「アブラゼミ」や「ミンミンゼミ」の鳴き方の方が圧倒していますが
しかし、自身なげな鳴き方ですがこの蝉が鳴き始めると、夏の終わりを実感します。
幼稚園は明日から、長い夏休みも終わり後半の夏期保育が始まります。
暦の上では既に「秋」ですが、厳しい残暑が続いていますので、
「熱中症」に十分注意して残り少ない夏を楽しみたいと思います。

話しは変わりますが、先日少し残念なニュースを目にしました。
それは「自然,・科学 高校生の意識調査」というものです。
見出しに「日本、米中韓より低い感心」というものでした。
日本の高校生は、米国、中国、韓国の高校生と比べて、
自然や科学への関心が少ない。という、実態が
「国立青少年教育進行機構の意識調査で分かったということです。
この調査は、昨年9〜12月、4か国の1〜3年生にアンケート形式で実施したようです。
自然や科学への興味や感心についての4択では

「とてもある」「ある」と答えたのは
米国 中国 韓国 日本
63.6% 79.3% 63.1% 59.5%
特に女子は、本調査で最低で、中国男子の84.6%とおおきくさ開いてる。

また「理科に関する意識では、
「興味があることを自分で調べたり学習したりする」について
「とてもそう思う」」まあまあそう思う」を選んだのは
日本 米国 中国 韓国
20.30 44.2% 44.2% 31,0%
特に残念だったのは、「社会に出たら理科は必要なくなる」
と答えたのは
日本が44.3%と最多で。最小だった中国の19.2%の2倍以上だった。

また、日本は「調べ学習」や「実験的学習」が少なく
これらを踏まえた指導が求められるとも指摘しています。

これからの社会は、自然(地球)への負荷を小さくしながら、
文明を維持して行くための科学力がもとめられていまず、
これらの結果を憂いてしまうのは私一人でしょうか?





スポンサーサイト

ある夏の日、その3

お盆も過ぎ、だんたん夏の終わりに近づいています。
先日、自宅の玄関前に置いてある「アロエ」の鉢の淵に、
ポツンと黄緑色のものが出現し、見た時は何かな?と思っていたが、
気にしないでいたら、翌朝直径3cm位の「キノコ」が出現。
図鑑で調べているが「キノコ」の名前は不明です。
201408182144418b9.jpg

201408182144439dd.jpg

20140818214448db0.jpg
そして、その日の夕方にはご覧の通りです。
20140818214446ac0.jpg

何処から「胞子」がどのように来たのか、そくて「あっ」と言う間に一生を終えた、
不思議な「キノコ」でした。

このようなものも、過ぎゆく夏の一コマかもしれません。
20140818221137f82.jpg
羽化しても「蝉」は幸せなのでしょうか。
地上に出て1週間の命と言われています。
子孫を残すために力一杯鳴き、パートナーを見つけ、
その役割が終わると、あっという間にその生涯が終わります。
地中に7年間と言われています。
どちらが「蝉」にとっては幸せなのでしょうか。

私にとっても、夏の最後の追い込み、
全日本私立幼稚園連合会関東地区教員研修会で、
栃木県宇都宮市に来て研修中です。
20140818225646b71.jpg
明日は、一日分科会です。

「こともの目が輝くとき」
それは本物の文化と出会うこと、人と深く触れ合うこと」
こんなことを、日々の保育の中に具体化していければいいなと思います。





ある夏の日その2

11日(月)、台風一過。
青い空に太陽が輝き、天気予報では今日も真夏日を告げていた。
昨日から、孫が一人で泊まりにきていて軽い気持ちで、
「明日、サンシャイン水族館」に行ってみようか?と言ってしまった事を、
しっかり覚えていてその気になってしまっていた。
仕事の予定もあり、しまったと思ったが後の祭りで、
約束をなたす羽目になってしまい、出発を10時30分にして、
それまでできる限り仕事をこなし、その後は「じじ・ばば」に
徹することにした。
バスと電車を乗り継ぎ、池袋に着いたが、
電車で来たこともなく、そもそも池袋で降りるのは、
10年振り位なので方向がわからず、ともかく東口方向に歩き、
11時半過ぎ無事到着。
まず、腹ごしらえ。レストランに入り食事を終えて、
水族館行き、エレベーターは長蛇の列。
だいぶ待ちそうなので、毎年、お別れ遠足の時に使用する、
オフィス階にも停止するエレベーターで、待ち時間もなく9階へ、
1階を階段で昇り10階の出札口へ、ここも長蛇の列。
遠足では2月の平日に行くのでこんなに混んでいることがないため、
人混みに圧倒され入場。中も同じく、水槽の前にたどり着くのに一苦労。
しかし、次第に慣れてくると要領もつかめ、魚などを楽しむことができるようになりました。
最後に「アシカシヨー」を楽しみ帰路へ。
あまりの人混みに、人酔いみたいな感じでヘトヘトになった一日でした。

201408122038560f5.jpg
10階「アシカショー」会場より青空を望む。
201408122038544c2.jpg

2014081220385350f.jpg

20140812203852eba.jpg

2014081220385076d.jpg
あまりの混雑で1階「大回遊水槽」付近の見学のみでした。

また、昨夜は特大の満月「スーパームーン」を見ることができるという。
つまり、月が地球に今年最も近ずくという。
その時間は12日午前2時40分頃、そして間近の午前3時10分頃🌝になるというので
是非見ようとしたが、1時間寝過ごし4時10分頃外に出ると、
月の姿はなく空一面にどんよりした雲。残念。
その代わり11日午後10時近くの月をご覧ください。
まずは、遠景
20140812210152ffd.jpg<
少しズームアップ
20140812210152841.jpg
更にアッブ(時間が早いのでまだ満月にはなっていません。)
20140812210149f37.jpg
読売新聞「編集手帳」より
「月月に月見る月は多けれど月見る月はこの月の月」
毎月毎月、月を見ることのできる月は多いけれど、
月を愛でるにふさわしい月はこの名月を仰ぐ今月だと、
旧暦の8月「中秋の名月」を称えたうたとのことです。

また、今深夜には「ペルセウス座流星群」も、見頃を迎えるとのことです。
しかし、今夜も雲に邪魔されそうですネ。

明日から「お盆」。
先祖に感謝し、亡き人を偲ぶ時を持ちたいと思います。



ある夏の日

暑さの一休み。
あの息苦しい暑さから解放されると、
体も心も「ほっと」します。

7日にいろいろお世話になっていた方が
92歳で静かに旅立ったとの連絡を受け、勝浦までお焼香に行ってきました。
駅に降り立った途端、東京とは違う風を感じました。
さすが、海を間近に感じる風でした。

思い出話をしながら、生前お世話になっていたことを実感した次第です。
帰りには、形見分けの「古伊万里」のお皿をいただき、
恐縮して帰ってきました。

帰りに駅まで送っていただいた車の中からの
海の写真をご覧ください。
20140809182246089.jpg

20140809182248ba5.jpg

201408091822495c7.jpg
台風の影響か、沖には大きな波が波頭を白くして迫ってきてました。
この辺ではよく「アジ」がつれるそうです。
20140809183453b6f.jpg
駅には、海の町らしいデコレーションが……………。
201408091834571cb.jpg
15時05分発の「わかしお16号」で帰路へ。


今年は父が4月から入院していて、齢97歳。
年齢を重ねているため少し体調を崩しても重大ごととなるため、
遠出ができないので、家を出てから数時間の小旅行でしたが
少しの気分転換となった一日でした。

このブログも病院に行って様子を見ているうちに、
眠ってしまったので、途中まで病室で書いていました。

入院してからしばらくした日、タオルケットを動かした時、
手に足が触れ、あまりの冷たさに驚き、この年にして初めて
足をさすってあげる機会がもてました。
それ以後、病院に行くたび足に触れ、冷たい時は一生懸命足をさすり、
初めての親孝行?
元気な頃の足と比べ、あまりにも細くなってしまった足をさすりながら
「ありがとう、ありがとう」の気持ちとともに一抹のさみしさを感じます。
親孝行したい時には親は無しという言葉を噛み締めたいものです。





一つ一つ過ぎてく夏

外に出ると頭がクラクラするような暑さが
連日続いています。
連日、熱中症で、水の事故で救急車で搬送されたという
ニュースで伝えられています。
また各地からは夏祭り、花火大会の様子が伝えられています。
この高州周辺でも昨夜は、松戸市の花火大会で大勢の見物客が
江戸川の土手を埋めつくしました。
幼稚園の森では日に日に「蝉」の鳴き声が多くなってきました。
光を求めて飛び込んできた「アブラゼミ」
20140803203316787.jpg

今年は少し遅れて種蒔きをしたため、まだ小さいですが「風船葛(フウセンカズラ)」が
風船を付け始めました。
20140803203314a77.jpg
20140803203316a82.jpg

夏の夜空に大輪の花が咲き乱れた「松戸の花火大会」。
画面上でミニミニ花火大会をお楽しみください。
20140803204247aa8.jpg

2014080320425077d.jpg

20140803204251bb6.jpg

201408032044052a6.jpg

20140803204406af5.jpg

201408032044084aa.jpg

20140803204403a08.jpg

2014080320440618f.jpg

高州小学校校庭で、賑やかに開催された盆踊り大会
2014080320445325a.jpg

201408032044547c9.jpg

20140803204456fa6.jpg

猛暑が続いていても一つ一つが過ぎて行き
来る8月7日は「立秋」。

もう少しの辛抱。
間もなくおとずれる立秋を前に
「暑中お見舞い申し上げます。」
どうぞ、ご健康にご留意されお過ごしください。





最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。