スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は楽しい「ひなまつり」

あかりをつけましょ ぼんぼりに
おはなをあげましょ もものはな
ごにんばやしの ふえたいこ
きょうは たのしいひなまつり
20140303185418661.jpg

幼稚園でも、お雛様の前に集まりひなまつり会を行いました。
ひな祭りは五節句の一つで、3が重なるので「重三の節句」また、桃の節句とも言われています。
ひな祭りは中国から伝わってきたものと言われています。
はじめは、信仰に使われた、草や髪や藁で作ってお祓いをして水に流した風習の「人形(ひとがた)」が
しだいに遊戯化され、さらに平安時代になると、人形を飾って遊ぶ風習が見られたといいます。
室町時代になると、夫婦の人形を3月の上巳(第一の巳の日)飾りひな祭りを
するようになったと言われています。江戸時代になると内裏雛、御所雛、五人囃子なども加わり豪華になり
今の雛飾りに近いかたちになったようです。

そして女の子の成長を祝い、お嫁入りする時はこれらの人形持って輿入れする風習ができたようです。。
ひな壇の前などには、草もち、桃の花、白酒など(節物ーせちもの)を飾ります。
「もも」は「燃実ーもゆみ」の意味と言われ、陽木として陰気を払う霊木とされています。
また、この時期は桃の花が咲く頃に当たり、桃の花を飾り邪気を払う意味もあります。

白酒は、桃の花に白がない事から桃の花の「桃色」に対して白酒を用い、
赤と白で、太陽と月を祀る意味もあるようです。

ひな壇に並んでいる人や物にはどのような意味があるのでしょうか?
一番下、二番目の段にある箪笥や鏡などはお嫁入り道具です。
籠または牛車などはこれに乗って輿入れします。

三段目には、怒っている人、泣いている人、笑っているお爺さんがいます。
この人たちは、「仕丁ーしちょう」といって行列のお伴をする人で、
この姿は、若い時は泣いたり、怒ったり感情を表しやすいが、
年をとったら、いつも「にこにこ」と過ごせるようにといわれています。

四段目は随身(ずいしん)といって弓矢で悪者を退治してくれる役目をもつで
右大臣、左大臣と呼ばれています。

五段目には、五人の子供たちが太鼓や笛をふいているのは、五人囃子です。
五は幸せの数ともいわれ、赤ちゃんが生まれたら元気な子どもになるように
みんなで音楽を演奏してくれています。

六段目には三人官女といって、結婚式のお世話をしてくれる人たちといわれています。
誰の結婚式かというと、女の子が生まれると「お雛様」を購入したり、贈られたりします。

そればその子が怪我や病気をしないようにして、すくすく成長し、
大きくなって素敵な結婚をして、幸せな家族がつくれるようにとの
願いがあるからあるとのことです。

健やかなご成長をお祈りいたします。


最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。