スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本紹介

昨日、浦和にある県庁で、保育園、認定こども園の設立申請の
説明会があり、開始時間まで少し時間があったため、
本屋さんに入り絵本のコーナーに行ってみると、
探していた絵本があったので購入してきました。
その本は、NHKニュースウオッチ9で紹介され話題になっていた本です。
その本の名前は「ハナミズキのみち」というものです。
この作者(文)は、浅沼ミキ子さんは、宮城県陸前高田市で、東日本大震災の津波により
25歳のご長男、健(たける)さんをなくしたかたです。
ご長男を亡くしたその悲しみを乗り越えるために2年の歳月をかけて
言葉をつむぎ、この絵本が誕生したとのことです。
画家は、教科書などにも出てくる「ごんぎつね」や「手ぶくろを買いに」
などの作品のある「黒井健(くろい けん)さんです。

20141024192332963.jpg
絵本「ハナミズキのみち」

もう一冊ご紹介したい本がありましたが、それにまつわるエビソードなど
ご紹介すると長くなってしましますので
その本は次回ご紹介します。


最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。